お世話になりました!

7月の締めに大変お世話になり有難う御座いました。

えっ休館日でしょ? 休館日だから行くのね?

夏休みはイベントがたくさんあるそうです。

F1000038.jpg



305970_270923713029859_1829421364_n.png

まじまじ見るとカッコいいね~!

 「消防章の図案」は、雪の結晶の拡大図を基礎とし、これに日章を中心として水管、管そう、それに筒先から放出する水柱を配したものなのです。雪の結晶は、水、団結および純潔を意味し、消防職員の性状を表しています。水管、管そう、そして水柱は、消防の任務を完遂する機械と水を表し、日章はもちろん消防のありかた、すなわち、都民の太陽でありたいという願いを表しています。

 ところで、消防マークですが、明治・大正・昭和の時代はもとより、平成の現代にも引き継がれて使われています。誕生当時は、消防機関士以上の腕章に使われていたものですが、やがて消防車などの車体にもマークとして付けられるようになり、今では消防団の徽章にも使われています。
 Y章が何を意味して作られたものかについては、いろいろな説がありますが、確かにこれだと断定できるものはないようです。例えば、破壊消防の器具であった刺又を図案化したものとか、江戸火消の象徴である纏の陀志(だし)(纏の頭の部分)を図案化したものだという説などがあります。このほかにも桜の花弁を表したものだとか、イギリスから伝わった貯水槽の蓋を開ける鍵(消火栓鍵?)を表したものだという説もあります。
 このY章がローマ字のYと似ているところから「Y」という記号に変形し、地図上で消防署の所在地をしめすようになったのは、明治42(1909)年ごろからのことです。国土地理院はY記号誕生のいきさつにY章があったとし、その意味で刺又説をとっています。

だそうです。








スポンサーサイト
プロフィール

sukesan

Author:sukesan
50過ぎのリターンライダーですバイクをメインにツーリング・整備をしています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR